株式会社シンフォネットのスタッフブログTop>テレビのあり方そのものが変わる時期にあるのかもしれません。

テレビのあり方そのものが変わる時期にあるのかもしれません。

先日、終わる終わるといわれていたバラエティ番組の終了が正式に発表されました。
出演者の年齢の問題だったり、コーナーに関する規制が増えたためか
視聴率も低迷気味だったため、むしろ今までよく持ったほうだとも思っています。
筆者も学生の頃は見ていた気がしますが、今はテレビ自体をあまり見ないなあ。

近年、テレビ業界はニュースや一部スポーツ中継を除き、
インターネットなどに押されて苦戦しています。
番組制作や表現の規制が多くなった事や、
働き方がたくさんできたことで、決まった時間にテレビを見るという習慣が
なくなりつつある、というのも大きいのだろうと思っています。
決まった時間で放映するものよりは好きなときに好きな物を見たいですものね。
インターネットテレビが大好評を受けたのに関して、今後、
テレビの放送というのは少しかわる、というか現状で詰まっているので
変わらなければいけない時期に来ているのだなあと感じます。
さすがにテレビドラマの最終回で「完全版はWEBで!!」というのは
まだ早いとは思いますがそのうちそういう方法も取られるのだろう、とは
思っています。

« 台風一過 | メイン | すぐに効果があるものは反動も大きいですよね »